intelligence

L-トリプトファン

L-トリプトファン

活動と休息の素

トリプトファンは人間の体内で合成できない必須アミノ酸であり、「身体の活動」と「休息の制御」に不可欠な神経伝達物質である「セロトニン」の前駆体となる成分です。
セロトニンは3大神経伝達物質の一つであり、自律神経の制御や緊張やストレスの緩和に作用します。
また、就寝時にはセロトニンがメラトニンへと変換され、自然な睡眠を促す働きがあります。
このように、トリプトファンは「覚醒→活動→自然な眠気→睡眠」という生体リズムを調整する上で重要な役割を果たしているのです。

食習慣による不足の懸念

トリプトファンは、体内で合成できない必須アミノ酸の一種であり、必ず「食事から摂取する」必要があります。
しかしながら、食の欧米化が進んでいる現代社会において、栄養バランスが偏ってしまうことが多く、特定の栄養素に関心を持って摂取する方はごくわずかです。このような食習慣の影響から、「ストレス」や「不眠」、「うつ」などの精神疾患に悩まされる人が増加しており、現代病として問題視されています。

日本人の遺伝子問題

「ストレス」や「不眠の増加」に追い打ちを掛けるように、最新の遺伝子研究で、他国の民族と比較して、日本人は『世界で最も』不安遺伝子を多く持っていることがわかりました。
人には、不安に対抗するための遺伝子量の多い「L型」と、遺伝子量の少ない「S型」の2種類があり、これらの遺伝子が組み合わされて「SS型」「SL型」「LL型」の3タイプに分類されます。


S型は不安遺伝子として知られており、日本人の約8割がこのS型の遺伝子を持っていることが報告されています。不安遺伝子を持つ人はセロトニン不足になりやすく、ストレスに対する耐性が低下し、強烈な不安感に襲われることがあり、最悪の場合、うつ病などの症状を引き起こすことがあるのです。
また、セロトニン量は睡眠ホルモンであるメラトニンの量と比例するため、睡眠障害につながることがあり、これらのことから、日本人は不安遺伝子を多く持っていることが問題視されています。

習慣化の重要性

トリプトファンは、睡眠中の疲労回復や日中の学習などの脳活動に大きく関わっていることがわかっており、現代病の改善に重要な必須成分であることも明らかになったため、日本人にとって欠かせない栄養素です。
トリプトファン不足は、身体だけでなく、心の健康にも影響を及ぼし、睡眠、ストレス、不安、落ち着き、集中力、意欲など、多岐にわたる健康上の問題に関連しているため、私たちはトリプトファンの重要性を認識し、摂取を習慣化する必要があるのです。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
0120-944-259