intelligence

アストラジン

アストラジン

栄養学の常識を変える

アストラジンは、マメ科の植物「キバナオウギ(黄耆)」とウコギ科の植物「デンシチニンジン(田七人参)」を1:1の比率で配合した植物由来の機能性成分で、主に生薬に使用されてきました。この成分は、あらゆる栄養素の吸収効率を向上させる効果があり、各アミノ酸などの栄養素の吸収を促進します。

吸収率の低さ

欧米化した食文化の進展に伴い、偏食が増え、社会問題となっています。
しかし、サプリメントの普及により、必要な栄養素を選択し手軽に摂取することができるようになりました。
ですが、栄養素の吸収には複雑な仕組みがあり、健康な身体であっても、食事からの栄養素の吸収率はわずか40%前後しかありません。また、栄養素の性質によっては吸収が難しいものや、他の栄養素との組み合わせによって吸収率が変化するものなど、様々な要因があります。
更に、現代人は生活習慣や食習慣が乱れがちであり、「ストレス」「運動不足」「睡眠不足」などが原因で胃腸機能が低下する人が増えています。
そのため、必要な栄養素を選んで摂取できる便利な時代においても、栄養素を効率よく無駄なく吸収することは容易ではありません。

栄養学の概念を覆す吸収性

現代の偏食や栄養不足問題を踏まえ、業界では新しい栄養成分の発見や、成分の組み合わせによる相乗効果など、様々な研究が行われてきました。
そしてついに、「栄養の吸収率を大幅に向上する革命的な成分」が開発されました。
それが『アストラジン』です。
アストラジンにより、各種アミノ酸類、DHAなどの脂肪酸、その他あらゆる成分の吸収率を高め、必要な栄養を無駄なく吸収することが可能になったのです。

世界が認める吸収率

この優れた吸収機能は世界各国で認められ、特許も取得しています。
世界のトップアスリートをはじめとした愛用者が増加しており、筋肉の増加や肉体的・精神的疲労に効く栄養成分を効率良く吸収するために活用されています。
うまく応用すれば、脳、筋肉、骨、その他各種臓器など、身体のあらゆる部分を活発にする栄養素を無駄なく効率良く吸収してエネルギーに変えることも可能になります。現在もあらゆる分野での活用に研究が進められていることから、近い将来、栄養吸収に欠かせない成分となるでしょう。

当社「intelligence」には藻由来DHAやザイナマイト、NMN等、20種以上の成分が含まれており、アストラジンはこれらの成分の吸収率を高め、脳へ栄養を与えるのです。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
0120-944-259