intelligence

ゴツコラ

ゴツコラ

WHO推奨 食べるIQ

「ゴツコラ」は、インドの伝統的医学「アーユルヴェーダ(※)」で最も重要とされるハーブの一種です。
このハーブには、「脳細胞を活性化」し、記憶力や集中力を向上させる効果があることから、「食べるIQ」とも呼ばれています。
また、世界保健機関(WHO)は、「保護すべき薬用植物の中で最も重要なものの一つ」として認め、ゴツコラを「21世紀の驚異的な薬草」として重要な薬草リストに追加したことで、世界中で注目されています。

アーユルヴェーダ
世界三大医学の一つ。 
インド・スリランカで生まれた5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学。
「生命の科学」ともいわれている。

驚異的な機能性

ゴツコラは、インドの伝統的医学「アーユルヴェーダ」において最も重要なハーブの一つで、5,000年以上前から「長寿のハーブ」として親しまれており、古代エジプトでも「若返りの薬」として使用されていました。
その機能解明に向けて、世界各国で数多くの研究が行われてきました。
世界保健機関WHOは、文献において、ゴツコラが「集中力や記憶力の増進」「中枢神経系(脳)の安定」「疲労の軽減」「血行・血流の促進」「うつ症状や不眠の緩和」「血管の強化や抗炎症作用」「免疫機能の補強」「肌トラブル対策」「呼吸器官異常の緩和」「科学物質の無毒化」「コラーゲンの生成促進」に役立つことを発表しており、世界中でゴツコラの驚異的な機能性に関する研究が進んでいます。

脳機能の解明

ゴツコラには脳機能に対する効果があり、これまで数多くの研究が報告されてきましたが、科学的には未解明な部分が多く、謎に包まれたままでした。
しかし、2000年頃から脳科学の発展により、ゴツコラが海馬内で脳由来神経栄養因子「BDNF」(※)の発現を促進させることが確認されました。

BDNFは「ニューロンの生存」や「ニューロンの成長」を促進し、記憶、学習、高度な思考など脳の活性化に関わる重要な成長因子です。そのため、BDNFの正常な機能を保つことが脳疾患の予防・治療にもつながるとして、「医療分野」でも注目されています。

ゴツコラには、うつ病や不安障害の改善、ストレスへの適応脳能力を高めるなどの効果も発見されています。これまでに多くの研究が行われてきましたが、現在においても全容解明には至っておらず、報告されている効果はごく一部に過ぎないとされています。
今後、また新たな効果や機能性が発見される可能性もあるため、ゴツコラは大注目の成分なのです。

BDNF(Brain-derived neurotrophic factor)
神経細胞の生存・成長・シナプスの機能亢進などの神経細胞の生存・成長・シナプスの機能亢進など、成長・調節、脳細胞の増加には不可欠な蛋白質

世界に影響を与える

世界保健機関(WHO)の発表により、世界的に有名になったゴツコラですが、日本やアジア諸国ではまだ浸透しておらず、「ブレインフード」としてはDHAやイチョウ葉が主流であり、ゴツコラを含む「アーユルヴェーダハーブ」は認知度の低いマイナー成分とされています。

しかし現在、ゴツコラは無視できない成分となっています。
世界最先端のIT・ベンチャー・スタートアップ企業が集まるアメリカのシリコンバレーでは、「シリコンバレーはインド系が支配する」とまで言われてるのです。
それは実際、『Google』や世界一の富豪ビル・ゲイツ創業の『Microsoft』、世界170カ国以上で事業展開しているグローバルIT企業『IBM』、全女性が憧れるファッションブランド『シャネル』など、誰もが知る世界的に有名な企業のCEOはすべてインド人なのです。
このような背景から、アーユルヴェーダは『頭脳を極めた』と言っても過言ではなく、『脳力の向上』に欠かせない『知恵』と言えます。
AIによって人間の仕事が奪われる未来においても、ゴツコラは自己成長を止めず、他者との『頭脳』の差をつけるための『特別な成分』と言えるでしょう。

テスラ社のイーロンマスクが買収した『Twitter』、世界で最も多くの場所で使用できるクレジットカード『マスターカード』、こちら2社の前CEO、そして孫正義創業ソフトバンクグループの代表取締役副社長(ヤフー取締役会長も務めた)を務めた人物もインド人である

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
0120-944-259