intelligence

イチョウ葉

イチョウ葉

脳血流を改善

イチョウ葉とは約2億5千万年前から存在した「生きた化石」と呼ばれる太古の植物です。
主要成分である「フラボノイド」と「テルペンラクトン」は、脳への血流量を増加・改善させ、スムーズに血液を循環、脳の働きを活性化させる働きがあります。
また、これらの成分はニューロン(神経細胞)の伝達機能を維持・改善させ、情報伝達をスムーズにします。
他にも、過剰発生し有害化してしまった活性酸素を除去する効果もあり、「神経細胞を保護」することで記憶を守ります。

脳血流の重要性

脳は、多数の毛細血管で覆われており、そこを通る血液によって酸素や栄養素が運ばれ、正常な脳機能が維持されます。
また、毛細血管は脳のセキュリティー「血液脳関門」を形成し、有害物質の侵入を防いだり、必要な物質の移行を制御する役割を持つだけでなく、脳内の老廃物の排泄にも関与しています。
毛細血管は非常に細いため、微小な血流の不足や血行不良が起こると、これらの機能が正常に働かず、脳に大きな損傷を引き起こすのです。

医薬品として扱う国も

1960年代にドイツで血流改善作用が発見され、1965年には医薬品として登録されたイチョウ葉は、ヨーロッパ各国で研究が加速されました。
当初は、治癒や改善を目的とした医薬品として扱われていましたが、最近の研究により、老若男女問わず健康な人にも効果があることがわかり、最近の研究により、老若男女問わず健康な人にも効果があることがわかり、記憶力・認知力の向上・維持・改善に働くことが示され、脳の栄養として期待が高まっているのです。

※イチョウ葉は言葉や図形等を覚え、思い出す能力を高める効果があるとされています

世界的に需要が拡大

最新の研究では、脳の血液脳関門の透過性を高め、栄養の取り込みを増加させる働きがあることが判明しています。また、他の成分との相乗効果の研究では、高麗人参に含まれる「ジンセノサイド」との相性が良い(※)ことも判明しました。

日本でも、イチョウ葉の脳機能に関する報告は数多くありますが、医薬品としての扱いではないため機能性を表示することができず、一般的にはほとんど知られていませんでした。
しかし、最近では「機能性表示食品制度」が導入されたことにより、イチョウ葉の持つ脳への機能性を表示することができるようになったのです。
これに伴い、イチョウ葉の脳機能成分としての認知が急速に広まっており、世界的にも需要が拡大しているため、脳サプリには欠かせない成分の一つと言えるでしょう。

※当社「intelligence」には高麗人参が配合しており、イチョウ葉との相乗効果を発揮し、「脳血流の改善」や「脳神経保護」など『脳の健康や機能向上』に大きな効果が期待できます

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
0120-944-259