intelligence

ノビレチン

ノビレチン

沖縄で発見された成分

ノビレチンとは、フラボノイドの一種で沖縄で自生する柑橘類の一つである「シークワーサー」の皮に含まれている成分です。強い抗酸化作用があり脳に作用することで、神経細胞の成長を促進し、情報の伝達や記憶の定着を強化すると共に、脳を有害物質から保護します。

脳神経細胞の繋がりを促進

「ノビレチン」は、脳に作用して、ニューロン(神経細胞)の成長を促進し、情報の伝達や記憶の定着を強化するとともに、脳を有害物質から守る働きを持っています。

五感から得た情報は、海馬を通り脳の神経細胞が繋がって構成される「神経回路」によって脳の各部に伝えられます。この際、「神経突起」と呼ばれるニューロン(神経細胞)から枝状に分岐した突起を周囲へ伸ばすことで他のニューロンたちと繋がり、情報を伝達しています。

また、脳は働くことで老廃物(脳のゴミ)が発生します。その一つに「アミロイドβ」と呼ばれるタンパク質があります。
通常であれば、アミロイドβはしっかり排出され、問題はありませんが寝不足などにより排出されずに蓄積してしまうと、「神経細胞の死滅」の原因となり、情報伝達ができなくなってしまいます。

ノビレチンは「神経突起の伸長」を促進するだけでなく、脳老廃物の発現と蓄積を抑制し、「記憶・学習機能」をサポートする成分なのです。

世界一の長寿国から発見

ビレチンは、「日本の秘密」である世界一の長寿国の解明と研究の中で発見されました。
調査の末、世界一の長寿村と言われる「沖縄県大宜味村(おおぎみそん)」へと辿り着き、世界一の生産量を誇る特産物である「シークワシャー(シークワーサー)」を調べたところ、脳の記憶・学習・認知に重要な働きをしていることがわかり、世界中から注目が集まったのです。
大宜味村の住民の半数以上が健康長寿であり、その要素の一つが脳の健康と若さにあることが判明しています。このことから、ノビレチンは人生100年時代を担う成分と言っても過言ではないのです。

大手製薬会社も注目の機能性

日本では、大手製薬会社が研究を進めており、最近ではノビレチンが元々持つ「神経突起伸長」作用が、ブレインフードの代表とされる「DHA」と合わせることで、個々の作用よりも遥かに大きな効果を得られることがわかりました。さらに、別の研究では、脳の神経細胞の発生・成長に関わる神経栄養因子「BDNF」の増加が確認され、子供の脳の発達にも関与する成分として注目されています。現在では、既に脳に関与する「機能性健康食品」として認められ、世界中でブレインフードとして認知されています。このように、今後の脳研究の発展に大きな期待が寄せられる成分といえます。

※当社「intelligence」にはDHAが配合されており、ノビレチンとの相乗効果を発揮し、学習能力や記憶力の向上、ストレス耐性の増加、老化予防など『脳の健康や機能向上』に大きな効果が期待できます

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
0120-944-259