intelligence

γ-アミノ酪酸

γ-アミノ酪酸

抑制性神経伝達物質

γ-アミノ酪酸(GABA)とはアミノ酸の一種であり、神経伝達物質の一つです。
神経伝達物質は、「興奮性神経伝達物質」と「抑制性神経伝達物質」の2種類に分類され、それぞれが脳内で異なる働きをします。
GABAは大脳皮質において、抑制性神経伝達物質の約20%を占め、中枢神経において最も重要な抑制性神経伝達物質とされています。

オン・オフの切り替え

人の活動と休息は、中枢神経(脳)から末梢神経(身体)へ指令を送り、自律神経が制御します。
自律神経には、身体を活動させる「交感神経」と、身体を休息させる「副交感神経」の2つがあり、状況に応じて切り替わりながら働いています。
GABAは脳において抑制的な働きをし、「副交感神経を優位」にする指令を出すことで、心臓の働きを穏やかにし、「体温」と「血圧」を低下させます。
これにより、「リラックス」や「ストレス緩和」につながり、自然な眠気を促進し、睡眠の質を改善します。
実際に、『ストレスホルモンの上昇を抑制する』『疲労感を軽減する』『ノンレム睡眠の増加』『目覚めのすっきり感の増加』などの効果が研究で明らかになっています。

新機能が続々と解明

GABAの抑制的効果は世界中で認められ、ストレス社会と呼ばれる現代で注目を浴び、需要が急増しています。
消費者庁による厳しい基準をクリアし、トクホ(特定保健用食品)表示許可を得た「血圧を下げる」効果や、機能性表示が可能となった「睡眠」「ストレス」「疲労」と新サポート機能が続々と出ています。

さらに、GABAには「記憶力」「ワーキングメモリー」「空間認知力」「論理的思考力(ロジカルシンキング)」「持続的注意力」といった脳の認知機能に対して有益な効果があることがわかっており、脳科学や神経学の研究者たちの間でも注目を集めています。

現在は、GABAが脳の認知機能にどのような影響を与えるのか、またGABAの摂取が認知症の予防や治療に役立つ可能性があるかどうかなど、様々な研究が進められています。

すべての人をサポート

GABAはストレスに効果があることが確認されて以降、多くの人に馴染みのある成分となりました。
しかし、現在では脳機能が解明され、ここ数年でその機能性が大きく変わり、需要が急速に拡大しています。

これらの多くの研究結果から、現代人が抱えるであろう「脳機能」「睡眠」「ストレス」などの悩みをマルチにサポートできる成分であることが明らかになっています。
GABAは元々、脳の抑制性神経伝達物質であり、活動と休息の一連の脳機能において、非常に大きな期待が持てる成分なのです。

今後の学歴社会に生きる現代人にとって、この必須成分を取り入れる習慣が、より明るい毎日をサポートしてくれることでしょう。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
0120-944-259