intelligence

カンゾウ

カンゾウ

“国老”の称号を持つ植物

カンゾウは、ヨーロッパ、アジアおよび中東原産のマメ科の植物で、古代より東洋・西洋で薬用として用いられています。
中国最古の医薬書「神農本草経」では、あらゆる薬の中心を意味する『国老』という称号が与えられており、中国の医学書「傷寒論」に記されている処方にて最も多く含有されていることから、「漢方処方の中心的存在」とされています。
また、インドの伝統的医学アーユルヴェーダでは、「メディヤ・ラサーヤナ」と呼ばれる「向知性ハーブ」の一つとして、主に脳の中枢神経に働く「記憶力増強剤」として親しまれてきました。

カンゾウには、含有成分として「グリチルリチン」「フラバノン」「イソフラボン」「グリチルリチン酸」があります。これらの成分が脳に作用し、「脳血流の循環促進」「神経保護」に働くことで、記憶力・学習力を向上させるとされています。

革命家・王様が愛用

カンゾウには、素晴らしい効能と長い歴史があり、過去にはフランスの革命家「ナポレオン」が常にカンゾウを噛んでいたという記録が残っており、古代エジプトの王「ツタンカーメン」も飲み物として愛用しており、さらには墓から様々な財宝とともにカンゾウが発見されています。
これら歴史上の事実からもカンゾウがどれほど親しまれ、重宝されてきたかがうかがえます。

子供の知能向上

カンゾウは、日本をはじめとするアジア各国で「百薬の毒を解す」と言われ、抗炎症・鎮痛・去痰・鎮咳・抗アレルギー作用を持つ「万能成分」として、市販の風邪薬や胃腸薬、そして肝臓疾患の治療にも利用されてきました。
しかし、最近の脳科学の研究により、『学習機能』や『認知機能の向上・改善』、『ストレス緩和』や『不眠症の改善』などの作用も確認されています。
特に、14歳~16歳の健康な学生を対象に実施された研究では摂取後にIQスコアが上昇したという結果が発表され、カンゾウの脳機能への効果に注目が集まっています。

日本の常識を変える

日本では、約7割の漢方薬にカンゾウが配合され、また糖の50倍もの甘味を持ちながら低カロリーであるため、多くのダイエット食品に利用されています。
このようなイメージが定着してしまっていますが、当社「インテリジェンス」は、カンゾウが脳機能向上にも有用であることに早くから気付き、従来のカンゾウ配合商品とは本質的に異なる、新しい脳サプリメントに仕上がっています。

当社「intelligence」は、『子供の学力向上』や『記憶力向上』など、脳機能に対して効果が期待できることを推奨しています。
最先端の脳科学を新しい習慣として取り入れることで、今後の学力向上や時代に乗り遅れない『脳活』に繋がることが期待されており、カンゾウは自身の可能性を広げる成分であると言えます。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
0120-944-259