intelligence

L-テアニン

L-テアニン

脳波が快眠・疲労回復を促進

「テアニン」とはアミノ酸の一種で、1950年に玉露から発見された成分です。

「テアニン」は、リラックス時に発生する脳波である『α(アルファ)波』を増加させる働きがあります。
α波が増加すると、脳内で快楽物質である「βエンドルフィン」が分泌され、ストレスが軽減されます。また、「テアニン」は、身体を休める自律神経の一つである「副交感神経」を優位に働かせ、身体をリラックス状態に導きます。
このため、血行が良くなり、「疲労回復」「集中力向上」「記憶力・想像力向上」「整腸」などの効果が期待できます。

脳波の状態が睡眠に関与

『α(アルファ)波』は睡眠の質とも密接に関係しており、入眠への前段階で出現する脳波の一つです。
また、就寝前から心身をリラックスさせることで脳が休息準備状態となり、スムーズな入眠へと繋がるとされています。

近年の睡眠の研究では、入眠時の状態が睡眠の質に関与していることが明らかになりました。
これまで睡眠と言えば、レム睡眠ノンレム睡眠が注目されてきましたが、最近では入眠時の状態が休息体制になっていることで、入眠と睡眠の深さや全体の質に繋がっていることがわかっています。
このため、現在では睡眠中(レム・ノンレム睡眠)だけでなく、入眠時の質にも注目が集まっているのです。

デジタル化の影響

現代社会においては、デジタル化の進展により、24時間いつでも様々なコンテンツを楽しむことができるようになりました。
このため、就寝前にテレビやスマートフォンの操作等が習慣化してしまった人が増加し、「寝付けない」「慢性的な寝不足」などの睡眠障害を訴える人が増えているのです。
ブルーライト等の可視光線の刺激を受けた脳は覚醒状態になるため、寝付けなくなってしまう原因となり、結果として睡眠の質が悪化し、「脳疲労の回復不足」や「情報・記憶の整理機能」が不十分となる他、身体の疲労感を翌日に引きずってしまう悪循環につながっています。

日本茶成分が

日本の国民的飲料である『お茶』、その中に含まれるテアニンはストレス緩和や集中力向上に効果があることが知られています。
近年の研究によって、テアニンが睡眠の質を改善する効果もあることが明らかになりました。ただし、注意が必要なのはお茶に含まれるカフェインです。カフェインには覚醒作用があるため、就寝前に摂取すると睡眠を妨げてしまう可能性があります。

そのため、テアニンの効果を最大限に引き出すには、単体で摂取するか、相性の良い成分と一緒に摂取することが必要です。
テアニンとトリプトファンを一緒に摂取することで、睡眠の質が改善された研究結果があり、当社「intelligence」は、トリプトファンを配合しており、テアニンとの相乗効果で、より効果的に睡眠の質の改善が期待されます。

脳波の有効活用と研究

現在のα波(アルファ波)の研究では、リラックスだけでなく、リラックスしながら集中することができる効果にも関心が高まっています。
研究者たちは、リラックスしながら集中できる状態が、最も脳と身体の潜在能力を引き出せると考えており、オリンピック選手など多くのアスリートに対して、「α(アルファ)波トレーニング」が取り入れられています。これにより、本番に強い集中力と潜在能力を養うことができるだけでなく、「ゾーン状態(フロー)」と呼ばれる状態に達し、高い能力やパフォーマンスを引き出すことができます。

科学の発展により、リラックス効果を持つ成分は数多く発見されていますが、リラックスをしながら集中力も出せるテアニンの優れた効果は、他の成分と比較しても特殊です。
また、現代人の睡眠の質の改善・向上にも応用できるため、今後の学歴社会やストレス社会の両方で応用される多様性を秘めており、健康的な生活を送るために必要不可欠な成分と言えるでしょう。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
0120-944-259